自己紹介

日本ニュースの国際チームは、ニュースを正確かつ迅速に提供することの重要性を理解しています。

日本ニュース 編集長 マーク・エイテ マークはイングランド出身で1996年にジェットプログラムの英語講師として来日。以後、シティバンク コーポレーションにて多国籍企業との提携業務をマネージャーとして担当する。マークの写真と美しい試合(サッカー)に対する愛が、彼を日本ニュースへと導き、彼の写真ニュース業界でのキャリアが2002年に始まった。現在の役職に就任後、エディトリアル部門での売り上げを三倍にまで上げる偉業を成し遂げ、日本におけるニュース、スポーツ、エンターテインメント部門でのキーマンである。日本ニュースの運営者としてチームをまとめている。趣向として、ランニングやサイクリング、サッカー鑑賞をこよなく愛し、インスタグラムに依存している。

日本ニュース 副部長 曽我 健一 曽我健一は日本ニュースにおける唯一の日本人としてカメラマンと海外提携パートナーとの重要な橋渡し役となっている。曽我氏は日本でのバブル経済を経験、またワールドカップや1998年の長野オリンピックでの仲介業務を担当する。彼はアメリカで教育を受けた後にフォトエージェンシー業界に参入。英語と日本語を流暢に操る。

ピクチャーデスク兼コーディネーター フランチェスコ・リバッスィー フランチェスコはパルマというイタリア北部の小さな町出身であり、2007年に写真家として来日。ウェブデザインとデジタルアートに関心を持つ。彼はイタリア人なので時間がある時にはギターを弾き、たまに尺八(私物)を吹く。フランチェスコの業務内容はカメラマンと日本ニュースとの仲介役として取材の許可を取ったり、エディトリアルのコンテンツの獲得に力を注いでいる。 写真家としての彼の作品はここをクリック